雷坊と出会うために

リールはどんな?



目次へ戻る

トップページへ戻る

黒ベロ6600Cのフレームに、4600CBのカップを組んだ
パーミング6600CA風リールを作って見ました。


雷坊は水草の中に入り込んでいるため、重たい水草ごと
引っ張り出さなくてはなりません。しょうがないのでPE
という丈夫なラインの#8、#10、#12位の太いのを使うので、
ラインキャパの小さいリールではすぐいっぱいになってし
まいます。そのため一般にはABUのアンバサダー6000番
あたりが好んで使われます。でも#8で遠投がいらなければ
5000番台もテゴロなサイズで使いやすいという意見も有り。
この辺りは個人の好みに左右されますが、私はどちらかと
言えばパーミング派ですので、6500系の現行モデルは使い
易く感じます。飛び方ではガンナーシリーズが良かったの
ですが、残念ながら現在は所持していません。
(ガンナーシリーズはベアリング、ロケットシリーズは
オイルの種類に差別化がされているという噂です。)


6000C
(SN:087000)


6500C
(SN:730301)


6600C
(SN:770200)


6000C 70thAnn.
(SN:03222)


6500ST
(SN:811200)


6500CS rocket
(SN:010405)


6500CS MAG-ELITE
(SN:070007)


6500C direct
(SN:020002)


6500C
(SN:89-0 90-91)


6500C3 (white)
(SN:990905)


6500C3 (red)
(SN:010001)


6501C3
(SN:010206)


6500A
(SN:801000)


6500CA
(SN:791000)


5600AL (red)
(SN:820500)


5600CA
(SN:800900)


5500C
(SN:731102)


5600C
(SN:761100)


5500C(black)
(SN:800304)


5500CA
(SN:800600)


5000C
(SN:087100)


5001C
(SN:790102)


5000C 75thAnn.
(SN:050005)

目次へ戻る
トップページへ戻る



ご意見・ご要望等お待ち申し上げます。
mailto:a-k@raibo.com

Copyright (c) 1999-2001 a-k, All rights reserved.